ハイテクインターハイテクインター株式会社

Q. G.SHDSLと、G.SHDSL.bisの違いは何ですか。

G.SHDSLは、国際規格ITU-T G.991.2で標準化されている技術です。1ペアの電話線を使用して、最大2.3Mbpsの速度で伝送することができます。
(対応製品:PARADYNE 1740, SCADA NetGate)

G.SHDSL.bisは、G.SHDSLを拡張したITU-T G.991.2-2003で標準化されている技術です。1ペアの電話線を使用して、最大5.7Mbpsの速度で伝送することができます。
(対応製品:PARADYNE 2671、4219、175xシリーズ、ML600シリーズ)

※ボンディング技術を併用することで、最大伝送速度が2倍、4倍になる製品も御座います。製品の伝送速度・伝送距離につきましては、各製品のページにて御確認頂くか、別途お問い合わせ願います。




産業用モデム

一般的な質問

技術的な質問

bnr-st_2018
駅と空港の設備機器展
ワイヤレスジャパン2018に出展します!

【会期】
2018年5月23日(水) 10:00~18:00
2018年5月24日(木) 10:00~18:00
2018年5月25日(金) 10:00~17:00

【会場】
東京ビッグサイト
西3・4ホール / 会議棟

【小間番号】
西ホール「7-3-5」

【コンファレンス(聴講無料)】
2018年5月23日(水) 15:30~15:50
セッション番号:T1-4

「無線アクセスシステム回線を用いた公衆無線LANサービスの構築」
簡単・低コストでサービスの実現が可能な4.9GHz帯無線アクセスシステムの運用事例や屋外用無線LANアクセスポイントのシステム設計例について解説します!

【来場者事前登録】
https://expo.ric.co.jp/wj2018/regist/

【公式サイト】
http://www.wjexpo.com

wj2016_285_134
ワイヤレスジャパン2018

お問い合わせ
Copyright (C) HYTEC INTER Co., Ltd. All Rights Reserved.