HYTEC INTER

お問い合わせ

限界をつくらないことが、
最善のソリューションを生み出す

BUSINESS

営業部 部長

華やかさはないけど、国を支える重要な仕事

大学のとき、短期留学をしたりバックパッカーで旅行をしたりしていました。その経験から、海外と接点を持てる仕事に就きたいと思っていて、輸出入業の会社に就職しました。でも、実際の業務は営業所のマネジメント業務。作業スタッフの勤怠管理・入出庫管理が主な業務で、海外企業とのやりとりが全くできなかった。やはり海外と関われる仕事をしたいと思い、転職を決意しました。ハイテクインターに入社した一番の決め手は、海外メーカーとやりとりができるからですが、仕事自体にも魅力を感じました。扱っている製品は社会インフラを支える機器で、国家レベルの仕事ができると思ったんです。私は東日本大震災の被災者で、あのときは通信インフラが途絶えて本当に困りました。だからこそ、社会インフラを支える仕事って重要だなと。華やかではないけど、国を支える仕事だと思いました。

前職では産業製品に触れたことがなかったので、最初は覚えるのが大変でした。営業に配属される前に、商品センター、プロダクト技術部での研修期間が数か月あり、機器に触れる機会が多くありました。そのおかげで機器の特徴等がわかり、自分で設定できるようになれました。営業で必要なのは、製品に対する理解。もともと、自分が見たりやったりしたことでないと納得いかない性格というのもありますが、製品を理解していなければ最善の提案はできないし、お客様にも語れない。これまでも、自分で体験して吸収することを意識してきました。見て触って理解を深めることが最も大切です。

メリハリある環境で、思う存分動けるのが魅力

現在はプレイングマネージャーとして、営業と部下のマネジメント・育成をしています。既存製品の営業だけでなく、お客様に合う製品を海外から仕入れて販売したり、海外メーカーと新製品の企画をしたりもしています。当社のお客様は官公庁や自治体、鉄道・高速道路・空港が主で、屋外の厳しい環境で動く製品であることが必須。だからこそ、現場の声はとても大切。お客様の課題を聞いて、解決できるような製品を提供することが私たちのミッションです。

仕事のやりがいは海外と関われることもそうですが、自分の提案が実現したとき。以前、イベント会社から大スクリーンに無線で映像を写したいと問い合わせをいただいて、求める性能がある機器をご提案し、会場でテストを実施しました。それ以来、継続してご利用いただいています。鉄道や空港、官公庁など私自身も利用する場に、自分の提案が採用されるのも嬉しいです。

ハイテクインターの特徴はメリハリと風通しの良さ。入社当時、残業している人がほとんどいなくて驚きました。やるときはやって、休むときは休む。メリハリがしっかりしています。社内の雰囲気はフランクで、幅広い年齢層の人がいますが、意見交換もしやすいし、社長との距離も近い会社です。

壁をつくらずに、どんどんチャレンジしてほしい

今後の目標は、海外メーカーからの調達や交渉をもっとフレキシブルにできるように力をつけたいです。会社としては、もっと規模を大きくなるよう貢献したい。目指すのは、従業員が100名を超える組織です。

これから一緒に働く仲間としては、自分で壁をつくらずに何でも挑戦する姿勢がある人に入ってきてほしいです。「まずは何でもやってみる」という気持ちで、色々なことに挑戦してほしい。枠をつくらず積極的に取り組んでほしいです。営業でも「この会社に提案しても無理かな」と思わずに、まずは試しにやってみる、ご提案してみる。その繰り返しが自分の肥やしになって、自分を大きくしてくれると思うんです。私自身、英語が流暢というわけではありませんが、学生時代の経験から臆せず話すことはできた。度胸があれば海外企業とのやりとりもできるようになりました。自主性を重んじる会社なので、どんどん挑戦して自分の道を切り開いてほしいですね。私自身、部下がそういう前向きな気持ちを持てるように育成できればと思っています。