鉄道技術展に出展致しました。

2011年11月9日(水)~11月11日(金)に幕張メッセで開催された「鉄道技術展 Mass-Trans Innovation Japan 2011」に出展致しました。

本展示会は、車両技術から軌道構造、運行システム、乗客利用部のユニバーサルデザインにいたるまで鉄道の安全、安心、快適、環境、省エネを追求した国内唯一の展示会です。

その中で私たちは、列車運行管理システムとしてご利用頂いているアナログモデムや、踏切監視や駅間通信でご利用頂ける動作温度の広いDSLモデム、瞬停対策の蓄電ユニットを備えた直流給電装置などを出展致しました。

期間中はたくさんの方に弊社ブースへお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。

<展示会場の様子>

鉄道技術展'11 出展ブースの様子鉄道技術展'11 出展ブースの様子
鉄道技術展'11 出展ブースの様子鉄道技術展'11 出展ブースの様子
鉄道技術展'11 出展ブースの様子鉄道技術展'11 出展ブースの様子
<出展情報>
■ 出展ホール 「7ホール」
■ 出展小間番号 「E-10」
<出展機器>
■ アナログ専用線モデム Aster5
■ 液晶パネル搭載 G.SHDSLモデム ABiLINX 2502T
■ α-ring機能搭載 産業用管理機能付きイーサネットスイッチ
X4000シリーズ
■ SHDSL/光ファイバーモデム SCADA Net Gate
■ 瞬停対応産業用直流電源供給装置 PS-48SD2-W
「PS-48SD2-W」専用の瞬停用蓄電ユニット CU-48SD7050-W

出展内容・出展機器につきましてご不明な点やご質問が御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。