HYTEC INTER

お問い合わせ

通信機器・コンピュータおよび周辺機器の性能向上・低価格化が進むにつれ、
製品検査・検証や運用・保守管理の負担が大きくなってきております。

弊社では、サポート業務の導入や強化が必要な企業・プロバイダー・自治体・教育機関様や製品サポートの
リソースが不足しているサプライヤー様に対して、主に製品検査・管理や先出しセンドバック保守およびネットワーク・システム構築の
サポートサービスを提供しております。また、取り扱い製品についての技術的な仕様や質問についてまとめております。
導入検討時の仕様の確認や、運用時のトラブルシューティングにご活用下さい。

各種製品共通のよくあるご質問

一般的な製品導入前の検討方法はどのようなものですか。

製品導入前に、以下の手順でご検討されるお客様が多いです。

1.製品ページや、FAQで技術要件等を把握
https://hytec.co.jp/products
に各製品カテゴリをクリックしてご覧いただけます。

製品ページの「カタログ・資料」タブより、
納入仕様書等の各種資料のダウンロードも可能です。

2.製品価格、納期等を確認

納期は、在庫状況により異なりますが、
通常2営業日~の出荷が可能です。
価格や納期詳細はお問い合わせください。

3.評価用の貸出機を利用して、実際の運用予定環境にて動作確認

ほぼすべての取扱製品について
ご使用予定の環境で実際に運用可能かお試し頂くため、
最長2週間の無償お貸出を行っています。
https://hytec.co.jp/contact.html
※故障切り分け用の貸出機、
修理期間中の貸出機のご用意はいたしておりません。

故障切り分け用の機器を借りることはできますか。

故障切り分け用の貸出機のご用意はいたしておりません。
なお、既存のお客様におかれましては、予備機の事前購入により故障切り分け/障害時に備えられているとのことです

機器修理期間中に代替の機器を借りることはできますか。

修理期間中の代替品や貸出機のご用意はいたしておりません。

別途、以下の有償サポート契約(先出しセンドバック保守)にて対応させていただいております。

有償サポートにつきましては弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。

なお、既存のお客様におかれましては、主に先出しセンドバック保守をご契約するか予備機を事前ご購入して故障切り分け/障害時に備えられるかの2パターンがあるようです。

製品の専用ソフトは、Windows10で動作しますか。

以下の製品の専用ソフトは、Windows10で動作することを確認しております。

カテゴリ 製品名 Windows10 動作可否 備考
DSL ML600シリーズ/
MetaASSIST View R8.11
DSL ML700シリーズ/
MetaASSIST View R8.11
DSL SCADA/ASMOS_7.0.1 インストール時エラーメッセージが出ることもありますが、そのままインストールすると使えます。
PoE延長装置 MaxiiPower Vi2508、Vi2516/
PoE configuration Rev 3.1
PoE延長装置 MaxiiPower Vi2608、Vi2616/
PoE configuration Rev 3.1
アナログ Aster5/TMA version S0004/05300

動作確認PCスペック

Windows 10 Home 64ビット版

機器設置に際してサージプロテクタ(SPD)は必要ですか。

雷サージなどの可能性が考えられる場合、耐障害性の観点からサージプロテクタを設置し、アースを接続して保護するべきと考えられます。

これはサージ保護デバイスのJIS規格においても、 各機器や保護デバイスが協調して動作することが重要である旨、再三にわたって強調されており耐環境性の製品といえども機器単体では十分な保護は難しい(サージプロテクタ無しで、信号線及び電源部からのサージは保護されない)からです。

一般的に通信用電子機器がサージ(ノイズを含む)の影響を受ける場合、通信断や機器の動作(一時)停止が発生し、最悪のケースでは故障に至ります。

弊社サポートにおいても、台風や大雨の後は、サージで故障した機器の修理依頼が顕著に増加します。

※なお雷サージは自然災害であり、有償修理となります。

◎音羽電機工業様の参考資料

---------------

・雷サージとは

https://www.otowadenki.co.jp/basic/

・電気及び電子システムの保護にはSPDを

https://www.otowadenki.co.jp/jis/

・電気設備の耐雷対策

https://www.otowadenki.co.jp/equipment/

---------------

◎一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会様の参考資料

---------------

・CES-0040-2

雷過電圧に対する通信機器の保護ガイドライン 第2版(1.2MB)

2014年6月30日改訂

13/38ページ, (1) 通信線から侵入する雷サージに対する保護

http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/standards.html

・CES-0030-3

通信装置におけるイミュニティ試験ガイドライン第2.1 版

http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/1118.html

長期間評価用貸出機(デモ機)を借りることはできますか。

評価用貸出機の無償お貸出期間は最長2週間となっております。

長期間のお貸出については別途有償レンタルとして対応しておりますので、弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。