T1,V.35/X.21等のレガシーインタフェースに対応した、産業用SHDSLモデムの販売を開始
製品情報:ABiLINX 2531T

ハイテクインター株式会社

ハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都渋谷区)は、T1、V.35/X.21インタフェースを搭載した、SHDSLモデム「ABiLINX 2531T」の販売を2014年10月15日より開始いたします。

ABiLINX 2531Tはメタル線(電話線)でLANを最大5400m延長可能なSHDSLモデムです。

T1とV.35/X.21、Ethernetポートを搭載し、そのすべてを同時にお使いいただくことが可能なため、T1環境、アナログモデム依存環境など、既存の設備を最大限に利用しながら、ポイント-ポイントでのLAN延長とネットワーク構築に貢献します。

○製品の主な特徴
●1ペア最大5.7Mbpsで通信可能
●最大5400mLAN延長可能(※線径0.5mmノイズ無し、ラインシミュレータでの測定値)
●T1とV.35/X.21などのレガシーデバイス対応
●LCDパネルと前面ボタンで簡単に設定変更が可能

○製品の主な用途
●アナログ専用線環境のリプレース
●既設電話線(メタル線)を利用した、拠点間LAN延長

○価格
●ABiLINX 2531T 標準価格 ¥100,000(税別)/台

○製品URL
/products/dsl/abilinx_2531t.html

販売に関するお問い合わせ
TEL:03-5334-5260
製品の技術的なお問い合わせ
ナビダイヤル0570-060030