H.264対応IPエンコーダ・デコーダWiMiシリーズの4.9GHz帯無線対応製品を追加販売開始

ハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都渋谷区)は、4.9GHz帯に対応した無線映像伝送機器WiMi6200シリーズの販売を2016年11月11日より開始いたします。

WiMi6200TはSDI入力を搭載し、SDIに対応したカメラや映像出力機器などの映像をエンコードします。受信側のWiMi6200Rとの間は4.9GHz帯の無線で映像伝送が可能なので、ケーブルを敷設する時間や敷設したケーブルの取り回しなどの手間暇を解消することが可能です。
※4.9GHz帯無線機器のご利用には、無線局の登録と第3級陸上特殊無線技士以上の資格が必要です。

○製品の主な特徴
●2.4/5GHz帯との干渉の心配がない、4.9GHz帯に対応しているため、よりクリアに映像を伝送
●Vマウントバッテリに対応しているので、電源が確保ができない環境でも利用可能
●ブラウザ経由の他、DIPスイッチでも設定変更が可能

○想定利用シーン
●災害現場などでの屋外中継時の映像伝送用途
●スポーツ会場や音楽ライブ、各種セミナなどの場内モニタ等への伝送用途
●プロジェクションマッピングの映像伝送用途

○価格
●WiMi6200T(エンコーダ) 標準価格 ¥500,000円(税別)/台
●WiMi6200R(デコーダ) 標準価格 ¥500,000円(税別)/台
●専用キャリーケース(単体) OPEN価格/個

○製品URL
https://hytec.co.jp/products/video/wimi-wifi.html

○Inter BEE 2016にて、本製品をデモ展示予定です。
幕張メッセHall8:ブース番号8309
会期:2016年11月16日(水)~18日(金)

販売に関するお問い合わせ
TEL:03-5334-5260
製品の技術的なお問い合わせ
ナビダイヤル0570-060030