HYTEC INTER

お問い合わせ

プライベートLTE

自営設備で干渉のないLTEネットワーク! 「プライベートLTEシステム(2.5GHz)」【NEW】【リリース予定】

製品の特長

2.5GHz帯を利用したプライベートLTEは、通信事業者が提供しているLTEと同じ品質のネットワークを、自己土地内に基地局を設置することで限られた範囲内で使えるシステムです。利用者が多く干渉の多いWi-Fiに比べ、免許制のLTEでは干渉なく高セキュリティの通信が実現できます。基地局が1ms毎に各端末の通信状況をモニタリングして電波割り当てを調整しているので、通信の安定が見込めます。​
工場、採掘場、学校・キャンパス、牧場・農地など、有線ネットワークの構築が困難な広大な敷地での導入にも最適です。

プライベートLTE導入の利点

  • 電波干渉のない免許制の2.5GHz帯利用
  • 通信キャリアと同じLTE技術を使用
  • 自前の閉域通信網が構築可能
  • LTEの暗号化技術、SIM認証による高い機密性
  • 1台の基地局で広範囲をカバー

ハイテクインターにできること

  • 基地局を2種類ラインアップ、EPCも併せてご提供可能
    用途に応じ、大型・小型の2種類の基地局とユーザー数に応じてスケールアップ可能なEPCをご用意しています。
    小型基地局の場合は内蔵EPCも利用可能、1台でプライベートLTEシステム構築が可能です。
  • 構成設計から免許申請など導入までをトータルでサポート
    免許申請が必要な2.5GHz帯を利用するプライベートLTEでは、免許申請に際し管轄の総務省総合通信局に提出する書類の準備が必要になります。
    ハイテクインターでは熟練の技術者がヒアリングから導入までを全てサポートいたします。
    (別途コンサルティング費用がかかります)
  • 移動局も複数機種ラインアップ
    プライベートLTEで利用可能なBand41対応のLTEルータを複数機種ラインアップ。
    現場で使いたいスマホやタブレットなども、事前に実機での接続確認も可能です。
    (端末はお客様にご用意いただきます)

システム構成例

【簡易EPC内蔵All-in-Oneタイプ】

【大型LTE基地局タイプ】

よくあるご質問

Wi-Fiでは代用できないのですか?
Wi-Fiの場合は、免許不要で誰もが自由に利用できる周波数帯(2.4/5GHz)を使いますので、近い場所で他のユーザがいた場合、電波干渉が起きて接続が不安定になります。
プライベートLTEの場合は、免許が必要な周波数帯(2.5GHz帯)を使いますので、干渉は起こりません。さらに、基地局側で接続されている端末との通信環境を常にモニタリングしているので、Wi-Fiに比べ各段に通信の安定が見込めます。また、端末の認証をSIMで行い、完全に閉域の通信網が構築できるので、高セキュリティが必要なネットワークにも最適です。

キャリアの通信では代用できないのですか?
キャリアの通信網は、キャリアの基地局から遠いエリアでは、通信品質の向上は見込めません。また、ネットワークが整備されていない地域などではキャリアの通信網は、そもそも利用できません。しかし、プライベートLTEは、自己土地の範囲内であれば自社専用のネットワークが構築できます。また、自前の設備になるため、通信の月額利用料は発生しません。

ローカル5Gとはどう違うのですか?
ローカル5Gは今現在総務省で規格を策定している段階であり、一般ユーザが広く使えるようになるにはあと数年はかかることが予想されます。LTEは既に成熟した通信技術であり、ある程度安価で汎用性の高いサービスになります。
ローカル5Gは、LTEの技術をベースに高速大容量・超低遅延・多数同時接続を実現する次世代の通信サービスであり、28GHz帯(制度化済み)とSub6Gと呼ばれる6GHz以下(今後制度化予定)の周波数帯を使います。しかし、まだ市場にはキャリア向けの製品しか出ておらず、一般ユーザが広く使えるようになるにはあと数年はかかることが予想されます。

どういうところでプライベートLTEを使うと良いのでしょうか?
ケーブル敷設が難しく干渉源の多い工場や製鉄所、採掘場内、キャリアの通信網が使えないトンネル内や、郊外の牧場や農地、敷地の広い学校・キャンパスなどに最適なシステムです。

ローカル5Gが主流になったら、プライベートLTEはそのまま使えるのですか?
ローカル5Gが主流になってもプライベートLTEの周波数とは異なるため、共存して使い続けることができます。

どれくらいの敷地に対して、何台くらい設置すればいいのでしょうか?
1台の基地局で数百m~数kmをカバーすることが可能です。
しかし、電波を遮蔽する物質や壁があって基地局と端末間で見通しがとれない場合は、電波が通じなくなります。また基地局の性能によって、同時に接続できる子機の台数が制限されますので、実際の設置台数についてはお気軽にご相談ください。

プライベートLTEを導入するのには何が必要ですか?
プライベートLTEは免許制の周波数帯になりますので、実際に基地局を設置する前に、総務省から免許交付を受ける必要があります。免許申請から交付まで最低2か月程度はかかりますのでご留意ください。また、運用には第三級陸上特殊無線技士が最低1名必要です。弊社ではプライベートLTE免許取得の支援サービスも提供させて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせください。

普通のスマホやタブレットなどは子機として使えますか?
プライベートLTEでは、Band41と呼ばれる帯域を使用しますので、Band41に対応している端末は原則使用可能です。しかし、メーカーによってはプライベートLTEで使う周波数帯への接続を端末側で制限している場合があるため、実際にご使用になる端末については事前の接続検証をお勧めしております。端末の接続検証が可能なラボ(北海道雨竜郡沼田町・神奈川県相模原市)も御座いますのでお気軽にお問い合わせください。

実際の環境で試してみたいのですが、デモ機の貸し出しはありますか?
2.5GHz帯は免許申請が必要な周波数帯域になるため、残念ながら総務省から免許交付を受けていない場所で電波を出力することは禁じられています。 弊社のラボ(北海道雨竜郡沼田町・神奈川県相模原市)で、実際の機器を見学いただくことは可能です。

基地局と接続できる端末にはどのようなものがありますか?
自営等BWA(PLMN999-002)でご利用になる場合、以下の端末は弊社のプライベートLTE基地局と接続検証済みになります。

【ハイテクインターで販売しているLTEルータ】

【SIMフリースマートフォン】

  • ZenFone 3
  • ZenFone 6
  • ZenFone MAX Pro
  • jetfon
  • jetfon P6
  • iPhone 12 mini

地域BWAでご利用になる場合は、上記に加えて

  • iPhone 6,7,8
  • AQUOS sense3(SH-M12)

が接続検証済みです。

製品仕様

基地局ラインアップ

小型基地局 HNB-5100-BW 大型基地局 RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41
  • 最大電波出力 400mW
  • 通信距離 ~1㎞
  • 最大同時接続数 32台(1基地局あたり)
  • EPC内蔵、基地局1台設置でシステム完成
  • 最大電波出力 16W
  • 通信距離 2~10㎞
  • 最大同時接続数 128台(1基地局あたり)
  • EPCでハンドオーバー可能

製品仕様(基地局)

製品名 HNB-5100-BW

(小型基地局)

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41

(大型基地局)

商品コード 189-GM-001 189-RD-001
対応バンド TDD-LTE Band41(2575~2595MHz) TDD-LTE Band41(2545~2655MHz)
周波数帯域幅 5/10/20MHz 5/10/20MHz
最大送信出力 400mW 16W
受信感度 -95dBm -105dBm
変調方式 DL:QPSK/16QAM/64QAM(理論値:最大110Mbps)
UL:QPSK/16QAM(理論値:最大10Mbps)
DL:QPSK/16QAM/64QAM(理論値:最大110Mbps)
UL:QPSK/16QAM(理論値:最大10Mbps)
LTEインタフェース Nコネクタ x2ポート Nコネクタ x2ポート
GNSSインタフェース Nコネクタ x1ポート(GPS、GLONASS、BDS) Nコネクタ x1ポート(GPS、GLONASS、BDS)
優先LANインタフェース 1000BASE-T(IEEE802.3at PoE+) x1ポート 1000BASE-T x1ポート
アンテナタイプ オムニアンテナ 5dBi (3dB幅上下30°)
セクターアンテナ 16dBi(4dB幅水平65°、3dB幅垂直9°)
オムニアンテナ 5dBi (3dB幅上下30°)
セクターアンテナ 16dBi(4dB幅水平65°、3dB幅垂直9°)
最大同時接続数 32(内蔵EPCの最大登録数64) 128
機能 EPC(MME/SGW/PGW/HSS)内蔵
※スタンドアロン動作
WEBGUI
SNMP v1/v2c
Syslog
NTP
IEEE1588v2
S1/X2 HandOver
SON
デュアルイメージ
WEBGUI
NETCONF
SNMP v1/v2c/v3
Syslog
Internal Oscillator
NTP
IEEE1588v2
VLAN
S1/X2 HandOver
SON
ICIC
QCI to DSCP Mapping
KPI測定
デュアルイメージ
防水 IP67 IP67
電源 PoE(IEEE802.3at PoE Plus) DC48V
消費電力 30W(最大) 80W(最大)
動作温度 -40~+50℃ -40~+60℃
寸法 (W)269 x(D)82 x(H)204mm (W)268 x(D)166 x(H)505mm
重量 3kg以下 11kg以下
工事設計認証番号 201-200412 209-J00409
製品保証期間 1年間 1年間
付属品 ポールマウントキット(200~700㎜)x1
LANポート用防水コネクタx1
PoEインジェクタ(IEEE802.3at PoE+)x1
AC電源ケーブルx1
GPSアンテナx1
GPSアンテナ用ブラケットx1
ポールマウントキット(44.45~117.2mm)x1
LANポート用防水コネクタx1

アンテナ仕様

プライベートLTEのアンテナ仕様については下記のページをご覧ください。

製品仕様(制御局EPC)

製品名 FlexCore EPC
(100ユーザ、SWライセンス初年度込み)
FlexCore EPC
(250ユーザ、SWライセンス初年度込み)
FlexCore EPC
(500ユーザ、SWライセンス初年度込み)
商品コード 180-RD-003 180-RD-005 180-RD-007
構成 MME, SGW, PGW, HSS, PCRF
トポロジー Centralized, Distributed
Synchronized HSS
プラットフォーム Sigle Board Computer, Server, VMware, Virtual Box
OS Linuxベース
データベース PostgreSQL, SQLite
3GPP Release Rel 11(Rel 8, 9, 10との下位互換性)
サポートインタフェース S1, Sh, Rx, S6a, Gx, Gy, Gz,
SGi, S5/S8, S10, S11, 他
スケーラビリティ 100ユーザー ~ 10万ユーザー以上
設定 WEB GUI(SOAP over HTTP/HTTPS)

距離特性

ハイテクインターが提供する基地局を使用した場合の、基地局のSensitibity(感度)に基づいて計算した想定伝送距離は以下になります。

アンテナ利得を移動局の最大4dBiで計算した距離

基地局 大型 小型
Sensitivity -105[dBm] -95[dBm]
アンテナ セクタ オムニ セクタ オムニ
利得 16dBi 5dBi 16dBi 5dBi
高さ 伝送距離
5m 4.0km 2.1km 2.1km 1.1km
10m 6.0km 3.1km 3.1km 1.6km
15m 7.5km 3.9km 3.9km 2.0km

アンテナ利得をスマフォ等の-2dBiで計算した距離

基地局 大型 小型
Sensitivity -105[dBm] -95[dBm]
アンテナ セクタ オムニ セクタ オムニ
利得 16dBi 5dBi 16dBi 5dBi
高さ 伝送距離
5m 2.7km 1.4km 1.4km 0.75km
10m 4.0km 2.1km 2.1km 1.1km
15m 5.1km 2.6km 2.6km 1.38km

各距離における伝送レートは 1 台当たりの移動局に関し、
小型基地局UL:0.44Mbps, DL:13.2Mbps
大型基地局UL:0.44Mbps, DL:21.2Mbps
になります。

実機での検証をご要望のお客様向けに、
・北海道雨竜郡沼田町
・神奈川県相模原市
の2か所に実証実験設備をご用意しております。
詳細はこちら(https://hytec.co.jp/private_lte_202007.html)

バーチャルショールーム“CONNECT”

製品外観

SPEC

カタログ・資料・取扱説明書ダウンロード

本サイトのダウンロードサービスは以下の「ご利用の条件」にご同意いただいた上でご利用をお願いいたします。

ご利用の条件

  1. 各種資料・ソフトウェアの著作権はハイテクインター株式会社に帰属します。その内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信、配布したりする事は著作権法上禁止されています。
  2. 各種資料・ソフトウェアは、製品をご購入いただいたお客様のための資料・データであり、製品のご使用者がご使用になることを想定しています。本サイトで公開している各種資料・ソフトウェアについて、製品を購入されたお客様以外からのお問い合わせには、お応えできない場合があります。
  3. 本サイトに公開されている各種資料の内容は、製品仕様のマイナーチェンジ、各種バージョンアップ等にて予告なく変更されることがあります。従いまして本サイトに掲載されている各種資料の記載内容とお客さまがお持ちの製品の仕様が変更になっている場合があります。
  4. 使用上のご注意や安全上のご注意、測定基準や数値、また製品外観やパッケージ、付属品等は各種資料が作成された時点での基準に応じた内容となっています。
  5. 当サイトに掲載されている各種資料・ソフトウェアの機種について、すでに生産中止などの理由でご購入できない場合があります。
  6. プログラムの逆アセンブルや解析、コード改変、リソース改変等は禁止します。
  7. CADデータの図面要素から抽出される値は実際の商品と一致する事を保証するものではありません。また、CADデータ内容変更の連絡は一切行いませんのでご了承願います。
  8. 当サイトのサービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによるあらゆる事象、および左記による賠償請求や訴訟等)が生じても、弊社は一切責任を負いません。
  9. 本サイトのサービスを予告なく中止したり、内容および利用の条件等を変更する場合があります。
    本サイトに掲載の無い製品の各種資料につきましては、別途お問い合わせください。

型番

商品コード 製品名 備考
189-GM-001 HNB-5100-BW
189-RD-001 RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41
182-MA-007 オムニアンテナN-Typeオス

共通オプション製品

182-MA-001 オムニアンテナN-Typeメス

共通オプション製品

182-MA-011 セクターアンテナN-Typeメス MA-WC25-DS16B

共通オプション製品

183-SC-006 N(P)-200-5DHFA同軸ケーブル(2m)

共通オプション製品

166-DS-001 電源モジュール DC48V 240W

共通オプション製品

187-HY01-0004 プライベートLTE用SIM

共通オプション製品

189-AM03-K001 BWA向け高利得アンテナ付きルータ(HWL-3501-SS)

共通オプション製品

189-AM03-K002 BWA向け高利得アンテナ付きルータ(HWL-3511-DS)

共通オプション製品

180-RD-003 FlexCore EPC (100ユーザ、SWライセンス初年度込み)

共通オプション製品

180-RD-005 FlexCore EPC (250ユーザ、SWライセンス初年度込み)

共通オプション製品

180-RD-007 FlexCore EPC (500ユーザ、SWライセンス初年度込み)

共通オプション製品

180-RD-004 FlexCore EPC ソフトウェア延長保証1年(100ユーザー)

共通オプション製品

180-RD-006 FlexCore EPC ソフトウェア延長保証1年(250ユーザー)

共通オプション製品

180-RD-008 FlexCoreEPC ソフトウェア延長保証1年(500ユーザー)

共通オプション製品

156-OH-001 OLA-1000POE

HNB-5100-BWオプション製品

182-RD-001 RDL6000用GPSアンテナキット

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

182-RD-004 RDL6000用電源ケーブル 91m

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

187-RD-001 RDL6000用屋外電源サージプロテクタ

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

187-RD-002 RDL6000用屋外LANサージプロテクタ

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

156-OH-003 OLA-PT1000

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

156-OH-004 SG-Z48J

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

187-RD-003 RDL6000用サージプロテクタ用ブラケット

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

180-RD-001 RDL6000 ソフトウェア延長保証1年

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

180-RD-002 RDL6000 ハードウェア延長保証1年

RDL6000 Ellipse-4G-HP eNodeB B41オプション製品

関連商品

FAQ

一般的な製品導入前の検討方法はどのようなものですか。

製品導入前に、以下の手順でご検討されるお客様が多いです。

1.製品ページや、FAQで技術要件等を把握
https://hytec.co.jp/products
に各製品カテゴリをクリックしてご覧いただけます。

製品ページの「カタログ・資料」タブより、
納入仕様書等の各種資料のダウンロードも可能です。

2.製品価格、納期等を確認

納期は、在庫状況により異なりますが、
通常2営業日~の出荷が可能です。
価格や納期詳細はお問い合わせください。

3.評価用の貸出機を利用して、実際の運用予定環境にて動作確認

ほぼすべての取扱製品について
ご使用予定の環境で実際に運用可能かお試し頂くため、
最長2週間の無償お貸出を行っています。
https://hytec.co.jp/contact.html
※故障切り分け用の貸出機、
修理期間中の貸出機のご用意はいたしておりません。

機器設置に際して、サージプロテクタ(SPD)は必要ですか

雷サージなどの可能性が考えられる場合、耐障害性の観点からサージプロテクタを設置し、アースを接続して保護するべきと考えられます。

これはサージ保護デバイスのJIS規格においても、 各機器や保護デバイスが協調して動作することが重要である旨、再三にわたって強調されており耐環境性の製品といえども機器単体では十分な保護は難しい(サージプロテクタ無しで、信号線及び電源部からのサージは保護されない)からです。

一般的に通信用電子機器がサージ(ノイズを含む)の影響を受ける場合、通信断や機器の動作(一時)停止が発生し、最悪のケースでは故障に至ります。

弊社サポートにおいても、台風や大雨の後は、サージで故障した機器の修理依頼が顕著に増加します。
※なお雷サージは自然災害であり、有償修理となります。

◎音羽電機工業様の参考資料
—————
・雷サージとは
https://www.otowadenki.co.jp/basic/
・電気及び電子システムの保護にはSPDを
https://www.otowadenki.co.jp/jis/
・電気設備の耐雷対策
https://www.otowadenki.co.jp/equipment/
—————

◎一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会様の参考資料
—————
・CES-0040-2
雷過電圧に対する通信機器の保護ガイドライン 第2版(1.2MB)
2014年6月30日改訂
13/38ページ, (1) 通信線から侵入する雷サージに対する保護
http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/standards.html
・CES-0030-3
通信装置におけるイミュニティ試験ガイドライン第2.1 版
http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/1118.html
—————

長期間評価用貸出機(デモ機)を借りることはできますか。

評価用貸出機の無償お貸出期間は最長2週間となっております。
長期間のお貸出については別途有償レンタルとして対応しておりますので、弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。

機器修理期間中に代替の機器を借りることはできますか。

修理期間中の代替品や貸出機のご用意はいたしておりません。
別途、以下の有償サポート契約(先出しセンドバック保守)にて対応させていただいております。

有償サポートにつきましては弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。

なお、既存のお客様におかれましては、主に先出しセンドバック保守をご契約するか予備機を事前ご購入して故障切り分け/障害時に備えられるかの2パターンがあるようです。

故障切り分け用の機器を借りることはできますか。

故障切り分け用の貸出機のご用意はいたしておりません。

なお、既存のお客様におかれましては、予備機の事前購入により故障切り分け/障害時に備えられているとのことです。