電話線で最大15.2Mbpsで通信可能な、SHDSLモデムの販売を開始

ハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都渋谷区)は、電話線を利用して最大15.2Mbpsで通信可能な、SHDSLモデムABiLINX 2515Aの販売を2016年9月5日より開始いたしました。

ABiLINX 2515Aは電話線でLANを最大約7.2km延長可能なG.SHDSL.bis構内モデムです。
既設の電話線を利用して拠点間のLANを延長することにより、低コストでポイント-ポイントのネットワーク構築を実現します。

伝送速度は192kbps~15.296Mbpsで、LANポートを4ポート搭載しておりVLAN(802.1Q)設定をサポートしています。LANポート x1ポートタイプのABiLINX 2515との互換性も保たれており、代替機としての導入も可能です。

○製品の主な特徴
● 1ペア最大15.2Mbpsで通信可能
● 最大約7.2km延長可能(※線径0.4mmノイズ無し、ラインシミュレーターでの測定値)
● 様々な管理機能を搭載 TELNET, SSH, SNMP v1, v2c, HTTP, コンソール, Dying Gasp
● 前機種ABiLINX 2515では1ポートだったLANポートが4ポートに増えても、価格据え置き

○製品の主な用途
● 既設電話線を利用した、拠点間LAN延長
● 光ファイバー未敷設、VDSL利用不可の環境での利用

○価格
● ABiLINX 2515A 標準価格 ¥54,000(税別)/台

○製品URL
https://hytec.co.jp/products/dsl/abilinx_2515a.html

販売に関するお問い合わせ
TEL:03-5334-5260
製品の技術的なお問い合わせ
ナビダイヤル0570-060030