HYTEC INTER

お問い合わせ

新製品情報(リリース予定)

4K 低遅延/狭帯域対応 映像伝送装置 LLC-4000【New】【リリース予定】

製品の特長

LLC-4000は、4K対応のビデオエンコーダ/デコーダです。
50ms以下の低遅延映像伝送と100kbps以下の狭帯域映像伝送を実現します。

●同一装置をエンコーダモードとデコーダモードに設定で切り替えて使用可能
●コーデック遅延50ms以下(4K@60P、LLC-4000対向低遅延モード時)
●100kbps以下の通信回線においても良好な映像伝送を実現
(符号化レート20kbps~25Mbps、狭帯域モード時)
●ピークビットレートを超えないレート制御や誤り訂正/再送制御機能をサポート
●映像受信装置は、最大4ストリームを受信して4分割映像表示をサポート

特長

  • 映像圧縮技術
    H.264/AVCおよびH.265/HEVC符号化をサポートします。
  • 映像配信プロトコル
    UDP、RTSP/RTP、Multicastなど複数の映像配信プロトコルをサポートします。
    また、IPv4およびIPv6配信に対応します。
  • 品質制御
    帯域に制限のあるネットワークでも良好な映像伝送を可能にするため、あらゆる映像入力に対してもあらかじめ指定された最大帯域を超えないピークレート制御をサポートします。
    また、伝送品質が変化するネットワークに対応するため、FEC誤り訂正やARQ(再送制御)を提供します。
  • RoI(Region of Interest)
    RoI機能は、指定帯域幅を維持しながら、選択された領域の鮮明化を行う技術です。
    鮮明化エリアは、受信側から変更可能です。
  • 映像ミキシング(4画面表示)
    デコーダ装置は、最大4つの映像ストリームを復号可能です。
    復号化された映像は、4分割領域へマッピングして映像出力します。
  • HDMI映像入出力
    映像入出力はHDMIインタフェースを使用します。
    変換器を併用することでSDI入出力などへも対応可能です。
  • 音声入出力
    音声入出力は、HDMIインタフェースまたはUSBインタフェースを使用します。

想定される導入先

製品仕様

製品名 映像送信装置 映像受信装置
映像 入力解像度 2160P(3840×2160)@25Hz、30Hz、50Hz、60Hz
1080P(1920×1080)@25Hz、30Hz、50Hz、60Hz
1080I(1920×1080)@50Hz、60Hz
コーデック解像度 128×96~3840×2160
コーデック HEVC/AVC
フレームレート 2~60fps
ビットレート 20kbps~25Mbps
Mixer 2160P出力設定時:1920×1080 解像度ストリーム×4デコード→4画面表示
1080P or I出力設定時:720×480 解像度ストリーム×4デコード→4画面表示
音声 サンプリング 48KHz
コーデック AAC-LC/Opus
ビットレート 64kbps~320kbps/
16kbps~160kbps
ネットワーク 対応プロトコル TCP/IP, UDP/IP, Multicast, SRT(server), RTSP(server) TCP/IP, UDP/IP, Multicast
誤り訂正 FEC/ARQ(再送制御)
入出力 映像/音声 HDMI2.0 x1
ネットワーク 10/100BASE-TX/1000BASE-T x1
その他 USB3.0(Type-A) x2(音声入出力にも使用可)
電源 DC +12V(20W以下)
動作温度/湿度 動作温度-10℃~+50℃ / 湿度10%~80%(結露なきこと)
寸法および質量 146(W) x 30(H) x 235(D) mm(突起部除く)
1.0kg以下(ACアダプタ除く)

製品外観

SPEC

■同一装置をエンコーダモードとデコーダモードに設定で切り替えて使用可能

■コーデック遅延50ms以下(4K@60P、LLC-4000対向低遅延モード時)

■100kbps以下の通信回線においても良好な映像伝送を実現
(符号化レート20kbps~25Mbps、狭帯域モード時)

■ピークビットレートを超えないレート制御や誤り訂正/再送制御機能をサポート

■映像受信装置は、最大4ストリームを受信して4分割映像表示をサポート

カタログ・資料・取扱説明書ダウンロード

本サイトのダウンロードサービスは以下の「ご利用の条件」にご同意いただいた上でご利用をお願いいたします。

ご利用の条件

  1. 各種資料・ソフトウェアの著作権はハイテクインター株式会社に帰属します。その内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信、配布したりする事は著作権法上禁止されています。
  2. 各種資料・ソフトウェアは、製品をご購入いただいたお客様のための資料・データであり、製品のご使用者がご使用になることを想定しています。本サイトで公開している各種資料・ソフトウェアについて、製品を購入されたお客様以外からのお問い合わせには、お応えできない場合があります。
  3. 本サイトに公開されている各種資料の内容は、製品仕様のマイナーチェンジ、各種バージョンアップ等にて予告なく変更されることがあります。従いまして本サイトに掲載されている各種資料の記載内容とお客さまがお持ちの製品の仕様が変更になっている場合があります。
  4. 使用上のご注意や安全上のご注意、測定基準や数値、また製品外観やパッケージ、付属品等は各種資料が作成された時点での基準に応じた内容となっています。
  5. 当サイトに掲載されている各種資料・ソフトウェアの機種について、すでに生産中止などの理由でご購入できない場合があります。
  6. プログラムの逆アセンブルや解析、コード改変、リソース改変等は禁止します。
  7. CADデータの図面要素から抽出される値は実際の商品と一致する事を保証するものではありません。また、CADデータ内容変更の連絡は一切行いませんのでご了承願います。
  8. 当サイトのサービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによるあらゆる事象、および左記による賠償請求や訴訟等)が生じても、弊社は一切責任を負いません。
  9. 本サイトのサービスを予告なく中止したり、内容および利用の条件等を変更する場合があります。
    本サイトに掲載の無い製品の各種資料につきましては、別途お問い合わせください。

型番

商品コード 製品名 備考
LLC-4000

FAQ

一般的な製品導入前の検討方法はどのようなものですか。

製品導入前に、以下の手順でご検討されるお客様が多いです。

1.製品ページや、FAQで技術要件等を把握
https://hytec.co.jp/products
に各製品カテゴリをクリックしてご覧いただけます。

製品ページの「カタログ・資料」タブより、
納入仕様書等の各種資料のダウンロードも可能です。

2.製品価格、納期等を確認

納期は、在庫状況により異なりますが、
通常2営業日~の出荷が可能です。
価格や納期詳細はお問い合わせください。

3.評価用の貸出機を利用して、実際の運用予定環境にて動作確認

ほぼすべての取扱製品について
ご使用予定の環境で実際に運用可能かお試し頂くため、
最長2週間の無償お貸出を行っています。
https://hytec.co.jp/contact.html
※故障切り分け用の貸出機、
修理期間中の貸出機のご用意はいたしておりません。

機器設置に際して、サージプロテクタ(SPD)は必要ですか

雷サージなどの可能性が考えられる場合、耐障害性の観点からサージプロテクタを設置し、アースを接続して保護するべきと考えられます。

これはサージ保護デバイスのJIS規格においても、 各機器や保護デバイスが協調して動作することが重要である旨、再三にわたって強調されており耐環境性の製品といえども機器単体では十分な保護は難しい(サージプロテクタ無しで、信号線及び電源部からのサージは保護されない)からです。

一般的に通信用電子機器がサージ(ノイズを含む)の影響を受ける場合、通信断や機器の動作(一時)停止が発生し、最悪のケースでは故障に至ります。

弊社サポートにおいても、台風や大雨の後は、サージで故障した機器の修理依頼が顕著に増加します。
※なお雷サージは自然災害であり、有償修理となります。

◎音羽電機工業様の参考資料
—————
・雷サージとは
https://www.otowadenki.co.jp/basic/
・電気及び電子システムの保護にはSPDを
https://www.otowadenki.co.jp/jis/
・電気設備の耐雷対策
https://www.otowadenki.co.jp/equipment/
—————

◎一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会様の参考資料
—————
・CES-0040-2
雷過電圧に対する通信機器の保護ガイドライン 第2版(1.2MB)
2014年6月30日改訂
13/38ページ, (1) 通信線から侵入する雷サージに対する保護
http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/standards.html
・CES-0030-3
通信装置におけるイミュニティ試験ガイドライン第2.1 版
http://www.ciaj.or.jp/standards_publications/standards/1118.html
—————

長期間評価用貸出機(デモ機)を借りることはできますか。

評価用貸出機の無償お貸出期間は最長2週間となっております。
長期間のお貸出については別途有償レンタルとして対応しておりますので、弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。

機器修理期間中に代替の機器を借りることはできますか。

修理期間中の代替品や貸出機のご用意はいたしておりません。
別途、以下の有償サポート契約(先出しセンドバック保守)にて対応させていただいております。

有償サポートにつきましては弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。

なお、既存のお客様におかれましては、主に先出しセンドバック保守をご契約するか予備機を事前ご購入して故障切り分け/障害時に備えられるかの2パターンがあるようです。

故障切り分け用の機器を借りることはできますか。

故障切り分け用の貸出機のご用意はいたしておりません。

なお、既存のお客様におかれましては、予備機の事前購入により故障切り分け/障害時に備えられているとのことです。