ハイテクインターハイテクインター株式会社

2.4/5GHzデュアルバンド屋外用無線LANアクセスポイント/ブリッジ E502S Wi-Fi AP【リリース予定】

  • 2.4GHz
  • 5GHz
  • 屋外用
  • 802.11ac
  • -30~+60℃
  • 防水防塵IP67
  • 塩害対策筐体
  • クラウドマネジメント
  • リピータモード
  • PoE給電対応
  • RoHS指令準拠
E500/E501S/E502S Wi-Fi AP


2.4/5GHzデュアルバンド屋外用無線LANアクセスポイント/ブリッジ E502S Wi-Fi AP【リリース予定】 製品の特長

E502S Wi-Fi APは、2.4/5GHzデュアルバンドに対応し、屋外用無線LANアクセスポイントやブリッジとしても使用可能な屋外用無線機器です。-30~+65℃の広い動作温度に対応しており、温度条件の厳しい場所への設置が可能です。

セクタアンテナで30°の範囲をカバー。アクセスポイントの構築に最適です。

●IEEE802.1Xプロトコルに準拠
IEEE802.1Xプロトコルに準拠しており、電子証明書を用いた認証方式「EAP-TLS」に対応しています。

●塩水噴霧試験実施済み
塩害に強く、海沿いの地域や離島でもご使用いただけます。
※IEC 60068-2-52(試験記号Kb:塩水噴霧(サイクル)試験)

●総務省の補助金「公衆無線LAN環境整備支援事業」「観光・防災Wi-Fiステーション整備事業」の活用に
ネットワーク管理システム「cn MAESTRO™」を利用した、SNSアカウントを利用した認証方式(Google, Facebook)に対応しています。
(「cn MAESTRO™」は、ネットワークのクラウド管理システムです)

RoHS指令準拠製品です。

接続構成例

■2.4GHz帯と5GHz帯デュアルバンド同時接続で幅広い用途のアクセスポイントを構築
E500 Wi-Fi AP:接続構成例(2.4GHz帯と5GHz帯デュアルバンド同時接続で幅広い用途のアクセスポイントを構築)

■E500同士をブリッジ接続してアクセスポイントを複数設置
E500 Wi-Fi AP:接続構成例(E500同士をブリッジ接続してアクセスポイントを複数設置)

■複数拠点に設置したカメラの映像を中継しながら無線伝送
E500 Wi-Fi AP:複数拠点に設置したカメラの映像を中継しながら無線伝送

■イベント会場にアクセスポイントを設置
E500 Wi-Fi AP:イベント会場にアクセスポイントを設置

導入事例

このようなお客様に最適なソリューションです。

  • アクセスポイントを構築したい
    →セクタアンテナで30°の範囲をカバー
  • 屋外で利用したい
    →-30~+65℃の広い動作温度
    →防水・防塵性能:IP67
    →PoE出力ポート搭載

■距離特性

・E502 – E502 ダウンリンク

2.4GHz帯
帯域幅 20MHz
距離 300m 500m
速度 48Mbps 48Mbps
5GHz帯
帯域幅 20MHz
距離 300m 500m 1500m
速度 82Mbps 82Mbps 48Mbps

・E502 – スマートフォン ダウンリンク

2.4GHz帯
帯域幅 20MHz
距離 100m 300m 500m 800m
速度 32Mbps 24Mbps 8Mbps 2Mbps
5GHz帯
帯域幅 20MHz
距離 100m 300m 500m 800m
速度 36Mbps 24Mbps 8Mbps 4Mbps

※大地の反射波の影響で、スマートフォン側の受信信号レベルが、E500との距離やスマートフォンを保持する高さによって大幅に減少する場合があります。
※スマートフォンを持つ時の角度や方向でも受信性能が大幅に変わります。
※通信距離・通信速度については、お客様の環境下での距離・速度を保証するものではありません。

関連商品

お問い合わせ
Copyright (C) HYTEC INTER Co., Ltd. All Rights Reserved.