ハイテクインターハイテクインター株式会社

【安定した長距離無線通信】屋外用4.9GHz長距離無線ブリッジ PTP 650シリーズ【在庫限り】

  • 4.9GHz
  • PoE受電対応
  • RoHS指令準拠
PTP 650シリーズ


【安定した長距離無線通信】屋外用4.9GHz長距離無線ブリッジ PTP 650シリーズ【在庫限り】 製品の特長

■構成例
屋外用4.9GHz長距離無線ブリッジ PTP 650シリーズ:構成例

■製品の特長
PTP 650シリーズは、4.9GHz帯に対応した屋外用長距離無線ブリッジです。-30~+60℃の広い動作温度に対応しており、温度条件の厳しい場所への設置が可能です。
※運用にあたり無線局の登録、第3級陸上特殊無線技士以上の資格が必要です。
※沖縄県での5GHz無線アクセスシステム(4.9GHz帯を使用する無線機器)の運用に関してはお問い合わせください。
>> 登録・届け出について

PTP 650L-H 4.9GHz無線アクセス機器本体(19dBiアンテナ内蔵)
●最大送信出力:17dBm
●アンテナ利得:19dBi

PTP 650-I 4.9GHz無線アクセス機器本体(23dBiアンテナ内蔵)
●さらに長距離通信が可能なハイパワー機
●最大送信出力:14dBm
●アンテナ利得:23dBi

PTP 650-C-H 4.9GHz無線アクセス機器本体(アンテナ外付け)
●最大送信出力:14dBm/8dBm
●アンテナ利得:23±1dBi/29±1dBi
●スペースダイバーシティ対応
外付けアンテナが2つ必要です。

【PTP 650シリーズ販売終了と後継機種のご案内】
PTP 650シリーズは、メーカー製品切り替えのため、在庫分完売を持ちまして販売終了とさせていただくことになりました。
メーカー製造終了日:2017年8月31日(弊社在庫限りにて販売継続)
以下の製品にてご検討くださいますようお願いいたします。

屋外用4.9GHz長距離無線ブリッジ PTP 670シリーズ

>> PTP 650シリーズ販売終了と後継機種のご案内

詳しい資料はこちら

利用事例

利用事例:富士山で快適無線通信

利用事例:富士山で快適無線通信

夏場の山開きシーズンに富士山で携帯電話を使用して写真などを送りたい登山客のために、麓や途中の5合目、8合目そして頂上に無線エントランスが設置されています。2017年7月からはPTP 650も使用されています。

このようなお客様に最適なソリューションです。

  • 製鉄所、化学工場、石油プラント、電力会社、離島通信、自然災害監視、防災 ほか

【長距離無線LANブリッジを構築】
高利得アンテナと高感度受信システムの実現により、高い伝送レートで長距離伝送を行うことが可能です。

【DSO(Dynamic Spectrum Optimization)機能】
DSO機能により、開いている周波数チャンネルの中から最適なチャンネルを自動的に探索することができます。

【見通し外通信も可能】
受信信号強度に応じて最適な通信モードを選択する独自機能により、見通しの悪い環境でも安定した通信が可能となります。

■距離特性(見通し100%有り。上り/下りの速度比率=1:1の場合の総スループット(実測値))

製品名 PTP 650L-H PTP 650-I/PTP 650-C-H
距離/帯域幅 10MHz 20MHz 10MHz 20MHz
10㎞ 64Mbps 128Mbps 80Mbps 164Mbps
20㎞ 48Mbps 72Mbps 64Mbps 96Mbps
30㎞ 32Mbps 32Mbps 48Mbps 72Mbps

※PTP 650L-Hで100Mbps、PTP 650-I/PTP 650-C-Hで125Mbps以上のスループットに対応する場合、オプションのアップグレードライセンスが必要です。

◎機器設定内容
System → Spectrum Expert で周波数を選択(Master側のみ)
Installation →
Master Slave Mode:MasterまたはSlave, Target MAC Address:対向機器のMACアドレス
Channel Band Width:20MHz

想定される導入先

お問い合わせ
Copyright (C) HYTEC INTER Co., Ltd. All Rights Reserved.